Japanese SET NAMES utf8

Skyrmion branes and the localized fermions

Date: Thursday, July 04, 10:30am-12:00pm
Speaker: Prof. Nobuyuki Sawado Tokyo University of Science
Title: Skyrmion branes and the localized fermions
Room: 55N-02-Conference Room of Dept. of Appl. Phys. and Dept. of Phys.
(baby-)skyrmionsは,非線形σ模型の(2-)3-空間次元におけるソリトン 解であり,たとえばスピン励起や超伝導渦糸,あるいはハドロンの諸性質等を記述するもの として知られている。この種の模型の持つ本質的な無次元性により,得られた解は様々 なスケールの物理現象の記述が可能となる点が大きな特徴であると言える。これらのソリトン 解と結合するフェルミオンは,指数定理(Index theorem)に従って,背景のトポロジカルな 情報による準位交差(level crossing)など,特有の局在特性を示す。 我々は,これらのソリトン解による高次元時空のブレイン解の構成を行った。 本講演では,我々の得た解についての紹介に加え,それらに局在するフェルミオ ンの諸性質について詳しく述べる。

item SEMINARS/COLLOQUIA 2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997